手続き案内 step-information  edit by Satehira

インフォメーションイメージ

一般・その他(団体・組織)の方へ


 連絡方法と窓口
 eメール
:サテライト・オフィス平野 soh@v-sien.org
 電話
:サテライト・オフィス平野
06-4302-8977

コンタクトイメージ
 見学
バリアフリー社会へ:一人でも多くの方に“サテひら”を知って頂くこと、就労により社会参加を目指すわたしたちの日々の取り組みを実際に目で耳で知っていただく、それを通し発達障害者就労に於いても様々なバリア、ハードルが存在する現実に目を向けていただく、惹いては広く“社会”の枠組みに対しても影響を与えていく、これもわたしたち“サテひら”のミッションだと考えています。

ご連絡の後、スケジュールの調整ができればいつでも見学いただけます。
 ご相談・その他
発達障害と就労:“サテひら”がこれまでに蓄積したノウハウ、スキルの社会還元もまたわたしたちのミッションだと考えています、発達障害と就労をキーワードにしたご相談その他、お気軽にご連絡下さい、みなさまのお役に立てれば幸いです。

内容によっては専門スタッフがお答えすることになりますが、スケジュールによっては不在の場合があります、出来ればeメールでのご連絡をお願いします。
【障害者雇用率、2.0%は高いか低いか?】厚生労働省の発表によると来年(2013年)4月、企業に義務づける障害者雇用率(全従業員に対する障害者の割合)を、現在の1.8%から2.0%に引き上げられるとのことです。 引き上げは15年ぶり。同時に、義務づける企業の規模も従業員56人以上から50人以上に引き下げられます。

同時に国や地方公共団体、特殊法人は2.3%、都道府県教育委員会は2.2%に、いずれも現在から0.2ポイント引き上げられます。

ちなみにこの数値2.0%の前、つまり現状の1.8%は厚労省の統計ではまだ一度も達成したことがありません、値が高いのか、妥当なのか世界を比較するとイタリア 7% ・ フランス 6% ・ ドイツ 5% ・ 韓国 3%(2009年NHK視点・論点より)値が高いのか、妥当なのか再度考えてみる。